工具置き場つくった

工具置き場です.有孔ボード(パンチングボード)にペグフックをつけただけでアレなんですけど,工具,いままではひとつの箱の中になんでもぶちこんでいて,あれ,ノコギリはどこ??? まさか底??? みたいな絶望が繰り広げられていて,これによりちゃんと見えるようにおさまって満足☺時代は見える化☺

やったこと

2x4材をラブリコで柱にして,それにビスを打ち込んで有孔ボードを固定している.柱はヴィンテージワックスのウォルナット色で塗装.ほとんど見えないところなので塗らなくてもいいかな〜ともおもったけど,見えないところでおしゃれをするのがおしゃれマスターなので..

ボードの表面はアイアン塗料の黒で塗っています.なぜアイアン塗料なのかというと,ふつうの黒塗料を切らしていましたので..

これは素のベニヤ地にアイアン塗料をシュッと1度塗りした状態です.ぜんぜんアイアン感ないのがわかりますね.たぶんもっとぼたっと,2度塗りまですればアイアン〜な感じになるのかな〜とおもいます.求めてなかったのでこれでOK.じゃあ最初から黒の有孔ボード買ってくればよかったんじゃないの,って,本当にその通りで,後述します.

有孔ボードぜんぜんうってねえ問題

田舎あるあるなんですけど,有孔ボードぜんぜんうってねえ.

有孔ボードの規格,基本的に2種類あって,①穴同士の間隔が25mmピッチで穴サイズが5mmのものと,②30mmピッチで穴サイズが8mmのもの.見た感じの好みで選べばいいんだけど,②だと穴デカでなんだか野暮ったいな〜〜とおもったので,①を探したんですが,長崎には②しか売ってねえ問題があったのだった.

あったのだった,というか,さがしまわって結局長与のヒロセで見つかったんだけど,そこでも白色とナチュラル色のしか売ってなくて,つらいけど黒く塗装しよう..ということになった.なのでがんばって無駄にアイアン塗料で塗りました.えらい.

通販で買ったらええやんというけど,こういうでかいの,送料がかかるし割高で大変なの.しかし塗装はめちゃくちゃ面倒なので通販でもよかったかもしれない.

それでも

それでもできあがってしまえばこっちのもんで,どんどん愛着がわき,かわいく思えてきます.つくってよかった〜.

アミーボは工具.あっ,書いてませんでしたがこの棚は1x4材をL字金具で支えているだけです.みればわかりますね.

これはバケツに入ったコーススレッドビス.最高におしゃれだと思ってこれやったけど,どのバケツにどのビスが入っているか把握してないと使いづらいな〜〜とおもってラベルに”コーススレッド・鉄・4x50mm”とか書いたら途端にダサくなってしまったので剥がしてわけのわからん英語が貼ってある.扱うビスの種類が増えたらどうするか考えたい.

    

コメントを残す